未経験者がシャッター屋として独立するまで

シャッター屋は実際に儲かるのか?

平均年収とシャッター屋の所得

一般的な年収は432万円となり、最も高い業種はガス・電気・水道などのライフラインを扱っている企業で、平均747万円です。最も低いといわれているのが宿泊・飲食サービス業:253万円。シャッター屋の平均年収は493万円となります。

しかし一言でシャッター屋といっても見習いと職人では全く待遇が違いますし、独立・雇われ・日雇いによっても年収は変わります。別の項目で説明したスキルや資格の有無によっても、年収は大きく変わるので中央値は400万円ほどとなります。

経験を積み、多くの仕事が出来る様になる。職人として一線で活躍すれば平均以上の所得を得られると考えられます。日雇いに関してはスキルがダイレクトに反映するので日給8000~20000円が一般的です。

働く環境は良い?悪い?

いくら給与がよくても働く環境が悪い。または長いスパンで働くのが難しいのであれば意味がありません。シャッター屋は軽量なものやメンテナンス・点検のみの業務から、重量のあるシャッター取り付けまで幅広いです。スキルによっては点検業務や防火関連の施工もあるので、体力勝負というよりも時間との戦いになりかなりハードです。

工場や施設に合わせて作業を行うので残業や深夜帯の仕事も珍しくありません。残業に関しても作業が長引くといやおう無しで発生しますが、その分しっかりと給与に反映するので安心して下さい。

また大手シャッター企業が支援しているので激務ではありますが、サポート体制が整っているのでやりがいのある仕事といえます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る